SONA.

SONA.

home > 同人 | 更新記録 > 新刊の話

新刊の話

イベントからだいぶ経ってしまいましたが
新刊「双つ紅月の夜明け前」についての余談あれこれです
お持ちの方は確認しながら読むと面白い…かもしれないし面白くないかもしれない
くっそ長いので暇つぶしにでもどうぞ~

5~7P
今昔を読んでない方向けに挿入したもの
…なんですが結局読んでない人からしたら何のこっちゃだったかもしれない
後々の色んな伏線になってます。

11P
世にも珍しいリタのフォローをするフレイの図です。

16P
どこかで見た表情ですね…

つまり同じ状態になってるということです。

19P
リタは甘やかされて育ったので上から強く言われることには弱いのです。
まあ普段は頼りになるリーダーから怒鳴られたら怖いよね…

20P
壁ドン再利用 漫画でもやりたかった!

21P
短剣はアイオリスに出る前世話になってた夫婦から授かったものです→参照
武器としては使えないけど肌身離さず大事に持っていた物です。
それがこんな風に使われてしまった…というわけで…

22P
手を傷付けないように利き手じゃないほうに持ち替えて攻撃してます。

23P
普段は簡単に首根っこ掴ませないとは思いますが
相手がリヒトで油断してましたの図。

24P
トリスタンの素の一人称は「俺」

26~27P
世にも珍しい肉体的に弱ってる兄貴
不謹慎ながら描くのとっても楽しかったです

28P
致命傷じゃないけど~のくだりは38P以降の展開に続いてます。
怨霊の憑かれやすさにくさは完全イメージですが
つけ込まれやすい精神の弱さがあるルナリアのリヒトと
悩みもなくのびのびと育ってきたブラニーのリタとでは
まあ差が出るかな~という感じで…

29~30P
兄貴がネクロマンサーになったのは自分の出生を知るためとか
怨霊の支配から克服するためとかもありますが最大の理由はこれだったのでした。
ウォーロックとしての名声を捨ててでも、弟本人に嫌われてもいいから
優先したかったただ一つの理由。
10年の節目で出てきたのは、弟が当時の自分と同じぐらいの年になったから。

32~33P
死霊に頼んでることはまあ50Pのアレ。

37P
34Pからの一連のセリフの通り
兄は弟に対して口では割とシビアなことを言います。口では。

39P
この辺の事情もあり兄弟事情にあまり首突っ込んでこないフレイですが
彼なりにリヒトを心配しているのです。

41P
あれだけ厳しいことを言っておきながらこの兄、支える気満々である。

42~43P
ユニオンスキルは熱い…チェーンブラストは特に説明文込で好きです。
発動者が合ってれば他の人選は種族問わない、っていうのがいいと思います。
かつての大戦時に暴王に対抗するため4種族が協力して編み出した秘術なのかな~
とかそんな妄想が広がります。

44~45P
分かりにくいですが圧縮ファイアボールからのチェインファイアです。
炎を纏わせてから秘孔的なものを突いて更に火力を強める…とかそんなイメージ。

49P
さりげなくトリスタンに対する評価が上がってます。

50P
この説明で伝わるかな…って不安なところ
要するに傷の痛みを強引に抑えて戦ってたというわけです。
肩代わりさせてる死霊は常に呼び出し続けてましたがリリの死霊もあるし
混戦状態だったので感づかれなかったもよう。
なんでこんな術が使えるのかというと、彼が生体兵器だからです。

51P
3コマ目のリヒトには「なんだよ、それ…」というセリフが密かにアテレコされています。

53P
2コマ目のリタのセリフはそのままリヒトの心境にも当てはまります。

56~57P
ベタだけど大切な人の声で目覚めるっていうの、好きです。

60P
要するにお手製。

61~62P
言動や行動がアレですが素の彼は協調性を身に着けてる常識人なのでした。
この出来事を折に他のギルメンから少しは見直されます。少しは。

63~67P
本来おまけ冊子にしようと思っていたところを急遽差し込んだ部分です
おかげで細かいミスが多くて ウッ
リタはお兄ちゃん子なので兄弟が仲良しでいてくれると嬉しいのです。
リヒトの最後のセリフはさりげなくトリスタンの影響が入ってます。

69P
弟が罪悪感を抱かぬようにわざと不謹慎な軽口を叩いてます。

72P
リヒトの表情は「喜びで綻びそうになるのをぐっとこらえてる」感じにしたかった。
したかった(希望)

74P
この本で一番描きたかったところです 10年間のわだかまりが解けた瞬間。
これ以降怨霊にとり憑かれることはなくなりました。

【キャラ総括】

・フレイ
あんまり目立ってない筆頭ですが実際のボス戦では漫画の通り
チェインファイアで大活躍でした。というか本当に炎による力押しだった。
前述の通り兄弟事情にはあまり言及しなかった彼ですが
彼としても兄弟が歩み寄れたのは喜ばしいことだったはず。

・トリスタン
今回の影の功労者。
普段はふざけてる彼の素の性格が少しでも感じ取れれば幸いです。
この出来事以降は他ギルメンからの扱いは多少良くなります。たぶん。

・リヒト
色んな表情が描けて楽しかったですな人ナンバー1。
でも序盤のリタに怒鳴り散らすのはちょっと心が痛んだ…
21Pと51Pと74Pの表情がお気に入りです。
今回で一番大きく成長した人。

・リタ
リヒトの影で密かに成長していた人。
今までは逆ハーに夢見るミーハーな彼女でしたがこの出来事以降は
ギルドの命綱としての責任感に目覚めていく感じです。
まあ相変わらずミーハーな部分も残っていくとは思われますが。

・ヴォルスング
弟ほどではないけど彼もまた色んな表情描けて楽しかったです。
彼の人生はまさに弟の為に生き弟の為に死ぬ覚悟で送ってきたもの。
それが正しいことかどうかはさておき、それくらい弟に対する
強い想いがあるんだよ~ってことをこの漫画を通して伝われば幸いです。



return to page top